平和祈念集会

もう1ヶ月前のことではありますが、
今年も8月9日 平和祈念集会を行いました。
あの日とは違い、朝から土砂降りの雨。
蒸し暑い夏の1日でした。
開式の挨拶は6年生の男の子が
担当してくれました。
続いて校長の講話です。
子どもたち 真剣なまなざしで聞いていました。
次は5年生の発表。総合学習で学んだことを
みんなでプレゼンテーションしました。
5月に見学した資料館や被爆遺構で
学んだこと、感じたことを一生懸命伝えました。
時には発表を聞いているお友だちの
一人一人に目線を向けて。
永井博士の努力をしっかりと胸に刻んで、
写真資料とことばで後輩たちに伝えました。
最後は沖縄の小学生による絵本
「平和っていいな」を朗読しました。
100点満点ではないかもしれないけど、
一生懸命さは理解してもらえたはずです。
続けて平和標語を発表しました。6年生は
「平和へと歩みだすのは私達     
     優しさを広げていくのも私達」 
5年生の標語は
「とどけよう 命と平和の大切さ」
次は4年生。「平和な世界になるために
ケンカをしたら仲直り」
3年生の発表です。「やさしい心をおくりたい
平和な世界になるように」
そして2年生です。
「みんなはね、へいわがだいすき、やさしい子」
最後は1年生。「なかよくたのしい
へいわなじかん いのちもちきゅうもまもりたい」
そして 11時2分。
全員で黙祷を捧げます。
それから全校合唱です。
ことしも「おりづる」を心を込めて歌いました。
低学年には難しい歌詞なのかもしれません。
でも感じ取ることができているはずです。
最後は6年生の女の子が、優しい言葉で
締めくくってくれました。

こうして今年の8月9日も過ぎていきました。
他の日と同じ長さの1日なのに
この日は特別、時間がゆっくり流れていく気がします。
今私たちの周りを流れていく平和な時を
これからも絶え間なく続けていけるように
子どもたちへとバトンを引き継ぎます。