地域(1)

地域(2)

地域(3)


地域の紹介 (1)

  学校の近くにある長崎の名所を紹介します

【諏訪神社】

弘治元年(1555年)長崎甚左衛門
の弟長崎織部亮為英が、京都から御神体を迎えて祠ったのが始まり。
後に丸山町、寄合町が踊りを奉納したのが「おくんち」の始まり。
慶安元年(1648年)現在地に社殿が建てられた。
【諏訪神社】

「おくんち」の桟敷を組み立てているところです。

【眼鏡橋】

長崎の繁華街近くにある中島川にかかっている橋です。川の水の量と太陽の光の反射のバランスで、めがねのように見えるので眼鏡橋といいます。
【西山神社】

神社の始まりは享保2年(1717)。
日本で初めてザボンが植えられ、ザボン発祥の地としても知られる。 境内の寒桜(元旦桜)は、市指定の天然記念物となっている。