長崎市立上長崎小学校
 インターネット利用規定
本文へジャンプ

本規定のねらい

 
 この規定は,「長崎市立学校等におけるネットワーク利用に関するガイドライン」(平成12年11月制定)に基づき,長崎市立上長崎小学校(以下「本校」という)におけるインターネットの利用に関し,必要な事項を定めるものとする。本校はインターネットの利用に際し,以下に定める規定に基づき,運用するものとする。

インターネット利用の基本

 
 本校においてインターネットを利用するにあたっては,児童および関係者の個人情報の保護に努めるとともに,児童の情報活用能力の育成を図り,教育課程全般における効果的な活用,開かれた学校づくりの推進に寄与するよう努めなければならない。

インターネットの主な利用形態
 
 インターネットの主な利用形態は,次の各項に定めるものとする。
(1)情報の発信
  各教科・道徳や特別活動,総合的な学習の時間・外国語活動などの活動の様子を学校ホームページで発信する。
(2)情報の受信
  学校の教育活動における意見などを広く一般から受信する。
(3)情報検索及び収集
  ホームページや電子メールをを活用し,学習に関する情報を検索・収集したり,関連する質問を送り回答を得たりする。
(4)教材作成
  ホームページや電子メールを活用し,授業で活用できる画像データや文書データを収集・加工して教材作りに活用する。
(5)国内及び国際交流

  ホームページや電子メールを活用し,学校と交流のある国内の学校や海外の都市・学校などと交流する。

利用場所及び利用時間
 
 児童の利用場所は各教室及びパソコン室とする。また,パソコンの使用は原則として担任や担当教師の指導のもと使用する。


インターネットによる情報検索
 
 児童がインターネットを通じて情報を検索する場合は次の点に留意する。
(1)指導者等は,予め検索すべき内容の検討及び確認を行うこと。
(2)指導者等は,検索項目に関わる内容について日常的にチェックを行い,適切な情報収集が図れるようにすること。

ホームページによる情報発信

 ホームページによる情報発信については次の点に留意する。
(1)校長・教頭の指導のもと,情報教育担当者を中心に,担任をはじめ広く職員と連携を図りながら,内容を検討して発信する。
(2)学校の著作権を主張する旨を明記する。
(3)公表するデータは著作権法に違反しないものに限る。


個人情報の発信とその範囲
  
 インターネット発信で発信する児童の個人情報の範囲は,次の各項に定めるところによる。
(1)氏名
  原則として氏名は発信しない。
(2)意見・主張等
  児童の意見・考え,主張等については,教育上の効果が認められる場合において発信することができる。
(3)写真
  児童の写真を使う場合は,集合写真や縮小写真とするなど個人が特定できないように配慮する。
(4)その他
  住所,電話番号,生年月日,趣味,特技,その他の個人情報は発信しないものとする。
※児童・保護者や関係者から削除・訂正を求められた場合は、すみやかに対応する。


 
電子メールの利用

 電子メールの利用については,次の点に留意する。
(1)公序良俗に反しないこと。
(2)犯罪行為に結びつけないこと。
(3)法令に違反しないこと。
(4)他に不利益を与えないこと。
(5)他を誹謗中傷しないこと。
(6)宛先を間違えないように注意すること。
(7)その他,メールに関するエチケットに心がけること。

セキュリティの確保
 
 インターネットを利用するにあたっては,個人情報及びデータなどの保護に努め,以下の項目に配慮しなければならない。
(1)ネットワークを利用して取り扱うデータについては,データの種類に応じて目的にサーバー等へ保存を行うなど,セキュリティを十分考慮して管理すること。
(2)パスワードやIDの不正利用を防止するため,パスワードを定期的に更新するなど適切な管理を行い,情報の漏洩を防止すること。
(3)パスワードの漏洩事故等が発生した場合には,速やかに教育委員会に届け出るとともに,原因が解明されるまで,ネットワークシステムの利用を停止すること。
(4) ネットワークに接続されたコンピュータでは,次のことをしてはならない。
 @指定されたソフトウェア以外を不必要にインストールして利用すること。
 Aインターネットやメールを利用した物品売買や交換等,金銭にかかわること。
 Bコンピュータウイルスに感染している恐れのあるファイル(メールの添付ファイルを含む)を取り扱うこと。
 C出所不明の不審なメールを開くこと。
(5) ネットワークに接続されたコンピュータが,コンピュータウイルスに感染した場合は,感染した疑いのあるコンピュータをネットワークから隔離し,速やかに教育委員会に届け出るとともに,正常に作動するように復旧されるまで,ネットワークシステムの利用を停止すること。また,原因を解明するなど,事故の再発を防止すること。


管理責任者・運用責任者
 
 管理責任者は校長とし,運用責任者は教頭とする。また,校長は別に定めるインターネット運用委員会(情報教育担当者・情報資産担当者)を設置し,運用が適切に行われるように配慮しなければならない。

インターネット利用規程の見直し
 
 学校教育におけるインターネット利用の進展に伴い,本規定に示した事項の見直しの必要が生じたときは,「長崎市立学校等におけるインターネット利用に関するガイドライン」と照らして,校内に十分な検討を行い,基準の見直しを行うものとする。


              附則 この規定は,平成24年4月1日から施行する。