今日は,単元名「来年の1年生に物語の楽しさが伝わるように紙芝居をしよう。」の4時間目です。
 「話す言葉」の読み方を考える活動を通して,場面の様子や登場人物の行動を具体的に想像して読むことができるように授業を行いました。
 授業終了後は,本校教員で研究協議を行い,長崎市教育委員会の先生方から御指導いただきました。
授業の始めは,「何でもOK」です。 思ったことや はっきりさせたことを話します。
「くじらぐも」の2場面を読んでみると,はっきりさせたいことがあったので 目当てが立ちました。
先生が教材文を掲示し 指導し 読み方について考えさせます。
実際に読んでみたり,友達の話を聞いたりしながら,読み方を考えています。
場面の様子を想像させるため,先生がくじらぐもと子どもたちの距離を示しています。
学級でこのようにまとまりました。 次に実際に読んでみます。 
ipadを使いながら,読み方についてお互い教え合いました。 
授業終了後は,研究協議です。 先生方で話合いを行いました。 
 長崎市教育委員会 学校教育課 教育指導係 係長様 教育指導係 主査様から,御指導いただきました。  最後,校長先生が,教育委員会の先生方へのお礼と
今後の授業の視点について御指導されました。 
今後も,本校では国語科の研究を通して,「思考力,判断力,表現力」を育てていきます。