今日は,単元名「登場人物の生き方や登場人物相互の関係を読み,自分自身を見つめ直そう。」における第2時の授業を行いました。内容は,「海の命」を読んで,主人公の成長に影響を与えた人物について考える。」というものでした。
 児童は,活発に議論し,主人公との関係性を考えていました。
第1時で,先生の成長史を見せています。 「海の命」の一文を提示します。 すると,「何でもOK」です。 
一文について,自分の思いを話します。 すると,目当てが立ちました。
目当ての達成に向け,「海の命」をよく読み・・・
教科書に線を引いてきます。 自分の考えを
発表していくと・・・ 主人公と登場人物の関係が さらに
さらに 広がっていきます。 先生が,「主人公と一番関わりがある人物は誰か?」と尋ねたら,このようになりました。
さらに,話し合いを進めると・・・。 このような結果になりました。 
授業を通して,児童が,自分の考えをもって,話し合いに積極的に参加していました。
これは,児童と先生との関係がうまくいっているからだと思いました。
また,叙述を基に,主人公と登場人物の関係性を考えていたことも大変素晴らしかったです。 
もう一度深く読む必要があることを確認し,読みの目当てが立ちました。