今年度の研究主題は,「身に付けた力を生かす国語科授業の創造」〜点を線で繋ぐ単元を貫くように言語活動を位置付けた授業の展開〜
です。今日は,研究主任が6年1組において,教材文「森へ」について授業を行いました。また,長崎市教育委員会の先生をお招きして,御指導いただきました。
学習計画を掲示し,見通しをもたせます。 1時間目の学習内容です。 前時までの学習を振り返ります。
めあてを立て  前時までに見付けた叙述を掲示し 見付けた理由を書きます。
自分なりの表現で,書くことができました。
そして,自分の考えを友達に聞いてもらいます。
先生は,丁寧に児童の理由を板書し,まとめていきました。 
授業後は,研究会です。 教頭先生が進行をされ, 校長先生が御挨拶をされました。
研究主任が研究概要を説明します。 そして,司会が研究協議をスタートさせます。  各学年部会で
授業について 話し合いを行いました。 そして,話し合いで 
出た内容を 全体に広めました。 最後に,長崎市教育委員会の先生から
研究概要と今回の授業について御指導いただきました。  校長先生がお礼の言葉を仰り, 
先生方皆さんで,研究主任の労をねぎらいました。

児童の表現力が高まっていることを,授業や研究会をとおして実感できました。
今後も,職員一丸となって,児童の学力向上に努めていきます。