「たぬきの糸車」を読んで,場面の様子を紙芝居で表現します。
たぬきやおかみさんの言動から,児童は動作化しました。
そして,心情を真剣に考え,紙芝居に台詞を書きました。

様々な意見が出て,読みの深まりを感じました。