親子給食

 1月24日,全国学校給食週間にちなみ親子給食を実施しました。
 この日はいつも子どもたちが食べている給食を,お家の方と一緒に食べる日です。
 弟や妹も来てくれて,配膳の体験をしました。
 この日の献立は
  ごはん 牛乳  豚汁
  くじらの竜田揚げ
  もやしの甘酢あんかけ

 学校栄養士の先生から,栄養や長崎市の食文化についての説明がありました。 
 「いただきます!」の感謝のあいさつと共にみんなで頂きました。
 いつもの全校給食に,お父さん・お母さんもそばにいてくれて,子どもたちも嬉しそうです。
 この日の親子給食には,来年度入学する予定の1年生も来てくれていました。(お兄さんやお姉さんがいる家庭)
 歓迎の言葉を,低学年から代表2人が出てあいさつをしてくれました。
 それを受けて,来年度入学予定の1年生2人も,自己紹介をしました。
 大きな声でしっかりと自分の名前を言うことが出来ました。
 その後保護者の皆さんはパソコン室で,学校栄養職員のリードで”食育懇談会”を行いました。テーマは「学校・家庭における食育の取組について」です。
 子どもたちが将来親元を離れてもきちんとした食生活を送ることが出来るようにとの思いから,食事の時間やお手伝い,買い物の時に子どもと時間を共有して欲しいと言うことを伝えました。

TOPページへ    行事のページへ    今日の伊王島小ページへ