学習発表会

 2月21日(金)本年度の学習発表会が音楽室で行われました。
 この日のために,全校児童一生懸命準備をしてきました。
 低学年の発表は,「ミュージカル・おむすびころりん」です。
 昔話のおむすびころりんをベースに,歌あり・踊りありの創作劇です。
 ある2年生はフラフープのなわとびを披露しました。
 ある1年生は手作りの道具で手品をして見せてくれました。
 うまくいって満足そうです。
 中には途中でタネがバレちゃう時もありましたが,持ち前の笑顔で無事最後までやり遂げることが出来ました。この一年で少々失敗してもくじけない強い心が育ちました。  長いセリフもしっかり覚え,役になりきって演じることが出来ました。
 相手意識を持って臨んでいた証拠ですね。
 1年生・2年生のペアで鍵盤ハーモニカの演奏も。2年生はNHKドラマ「あまちゃん」のオープニング曲を耳コピーで覚えて,演奏しました。  最後は低学年全員でダンス。EXILEばりのキレのある踊りで締めてくれました。  中学年は国語の教科書「三年とうげ」をベースにした創作劇。
 途中子どもたちのアイデアをふんだんに盛り込んで,観ている方も演じている方もとっても楽しい劇でした。
 子どもたちの芸達者ぶりに保護者の方も地域の方もビックリ!
 途中に中学年全員と担任の先生とで合奏もありました。   中学年らしい,レベルの高い演奏でとっても美しい音色でした。
 フィナーレでは大満足の顔・顔・顔 この日のために一生懸命がんばってきた成果を見せることが出来ました。  最後は高学年。
 一年間を通して活動した”米作り”から分かった「失敗から学んだこと」をプレゼンテーション形式で発表しました。
 パワーポイントを用いただけではなく,自分たちが苦労した場面では実際の道具で実演して見せてくれたので,大変分かりやすいプレゼンテーションでした。
 途中,ニュース形式で活動中のトラブルを差し込んだり,内容も当日アドリブで盛り込んだりと,さすが高学年,観ている人・聞いている人を飽きさせない演出で発表していました。  発表の後半では,ここまで自分たちが頑張る事ができたのも,家族や周囲の方々のおかげということで,”感謝”の気持ちを表す発表しました。  感謝の気持ちを形にするために,家庭科がで学習したことを活かした”長崎の郷土料理を使ったお弁当”をお家の人に作ることにしました。
 最後は群読を披露しました。
 これは毎週一回「国語科ショートタイム(KST)」という取組の中で,詩や名作の序文・古文・漢文などを学習した成果を発表しました。
 このグループは漢詩「絶句」。起承転結に気をつけて群読しました。
 このグループは「走れメロス」の有名な一節を群読。
 メロスの心の感情を,聞いている人にも伝わるよう,強弱をつけて発表する事が出来ました。
 そして全員で「枕草子」の始めを群読しました。
 学年毎に季節を分担し,幽玄な自然の情景を表すことが出来ました。
 普段使い慣れない言い回しでしたが,練習に練習を重ね,素晴らしい成果を披露することが出来ました。
 最後は校長先生からの講評を頂きました。
 各学年毎の,しっかりと目的を持った学習発表にお褒めの言葉を頂き,次の学年でも引き続きがんばるようにとのお話でした。
 参観してくださった保護者・地域の方々・幼児園の子どもたちへ,この一年間の学習の成果を披露すること出来ました。
 発表が終わるたびに温かい心のこもった拍手をありがとうございました。
 お越し頂いた地域の方より,「校門の掲示板に写真が貼っていたので,実物を持ってきました。子どもたちに見せてください。」とふきのとうを持ってきてくださった方がいらっしゃいました。子どもたちのことに心配り頂きありがとございます。
 春はもうすぐそこまで来ているのですね。

TOPページへ    行事のページへ    今日の伊王島小ページへ