ふれあい交流会(11/20)

 今日は社会福祉センターのおばあちゃんたちとの交流会。
 先日学校の畑で収穫したサツマイモを蒸かして,一緒に食べる予定です。
 そのため,朝から全校児童でその準備に取りかかりました。
 まず1・2年生はお芋洗い。水は冷たかったけど,一生懸命こすって土を落としてくれました。
 続いて包丁を使うので5・6年生の出番。
 食べやすい大きさに切ってそろえました。
 家庭科での学習の成果が発揮されました。
 3・4年生は切ったお芋を大・中・小の大きさに分けて蒸し器に入れます。
 実はこれも大切な作業。
 交流会でおばあちゃん達と一緒に食べるお芋の大きさに細心の注意が必要です。
 先生達やお友達同士で話し合いながら蒸し器に入れました。
 
 約20分から30分で蒸し上がり。
 暖かい湯気と同時に,あまい美味しそうな香りが家庭科室に広がりました。
 そして全員でラッピング。
 交流会だけでなく,日頃からお世話になっている地域の方々にも食べていただくため,150個近くの数を総動員でラップで包みました。
 今年は3・4年生がメッセージカードを作ってくれました。
 一つ一つに子どもたちの気持ちを込めました。
 交流会に向かう途中,お隣の伊王島中学校にもお裾分け。
 中学校の校長先生には来年お世話になる予定の6年生が直接届けました。
 伊王島の行政センターには3・4年生が代表で行きました。
 みなさんでお召し上がり下さい。
 おばあちゃん達と一緒に遊ぶため,学校で手遊びをたくさん練習してきました。
 そして,「われは草なり」の群読,運動会で踊った「ネコニャンニャン イヌワンワンワン カエルもアヒルもガーガーガ」のダンス,小音会で歌った「この星に生まれて」の二部合唱をご披露する事が出来ました。  本日のメイン。お芋を一緒に食べました。
 7月の七夕集会の約束を果たすことが出来ました。お茶を入れて頂き,みんなでパクパク。 とっても甘くて美味しかったです。
 最後にみなさんと記念写真。
 みんないい笑顔で撮れましたね!

TOPページへ    行事のページへ    今日の伊王島小ページへ