ながさき子ども体験(亜熱帯植物園・三菱重工長船香焼工場見学)


     
 絶好の秋晴れのもと,待ちに待った「ながさき子ども体験活動]
 おかしも水筒も弁当も忘れずに持ってきました!
 さぁ出発だ!
 バスの中でもみんな大はしゃぎ!
 自己紹介合戦や,質問コーナー,景色のガイドをしてくれるお友達もいて,盛り上がっている間に目的地へ到着!
 最初の目的地は野母崎町の亜熱帯植物園。
 秋の澄んだ空気で遠くまでよく見えました。 温室ドームの向こうには,島原半島と天草が間近に見えました。
   
 ボランティアのガイドさんの案内で,園内に自生している珍しい植物を説明していただきました。
 野母崎町は対馬暖流のおかげで,亜熱帯地域の植物がみられるそうです。
 園内もすっかり秋めいていて,いろんな色のコスモスが風に揺れ,子どもたちの目を楽しませてくれました。
 子どもたちの一番人気の植物はなぜか「ジャカランタ」。響きがいいのか,リズムがいいのか,とにかく印象に残っていたようです。
 中でも,長崎県オリジナルブランドのコスモス”ながさきチョコモス”という珍しい品種に子どもたちの興味は釘付け。
 ほんとにチョコレート(カカオ)の香りがしました。
 園内見学後は,ナチュラルアート教室。
 園内で拾った木の枝や,石ころや貝殻などを材料にして思い思いの作品を作りました。
 この様子は,長崎県亜熱帯植物園のホームページにも掲載されています。
 そして園内を巡回するトロッコバスに乗って,お弁当を食べる”こども冒険広場”へ向かいました。
 初めての乗り物に子どもたちも喜んでいました。
 お待ちかねのお弁当の時間。
 秋晴れの青い空,広がる緑の芝生!
 周りにはお友達!
 そして,お家の人が作ってくれた心のこもったお弁当!
 とっても楽しい一時でした。 
 お弁当を食べ終わった後は,子ども冒険広場内にある,つり橋をドキドキしながら渡ったり,古代樹スライダーですべったりと,歓声を上げていました。  そして,最後に全員で恒例の記念撮影。
 子どもたちは「今度はお家の人と来たいなぁ・・・。」と言っていました。
 
 続いて訪れたのは,三菱重工長崎造船所の香焼工場。長崎県の基幹産業の一つでもあり,隣町にある大きな工場ですが,みんな初めての見学。
 残念ながら工場内は撮影禁止のため,子どもたちの様子は撮れませんでしたが,見学記念に工場のパンフレットと特製のボールペンを頂きました。ありがとうございました。 

TOPページへ    行事のページへ    今日の伊王島小ページへ