いも掘り


     
 10月22日(月),今日は待ちに待ったイモ掘りです。
 6月26日に全員でイモさしを行ってから約4か月。立派に育ってくれました。
 サツマイモを掘りやすくするため,高学年のみんながツル払いをしてくれました。
 日当たり良い畑でしたので,葉っぱもツルも育ちが良く,約一時間程かけて取り払ってくれました。
 サツマイモが掘りやすくなりますね。
 高学年のみんなありがとう!!
 その間,中学年・低学年のみんなは,スコップや鋤,ねこぐるまを準備して,担当の先生からの諸注意を聞いています。
 伊王島小伝統の行事,約20年近く続けています。まさに「つながる命」なのです。
   
 ふれあい畑に全員集合し,6年生のあいさつでイモ掘りスタートです。  10月は好天続きだったので,畑の土もやや硬め。1年生は掘り出すのにも一苦労・・・  大切なサツマイモを傷つけないよう,せっせと手を使って掘り出します。
 みんながんばって!
 掘り出したサツマイモは,11月2日に予定されている「ふれあい交流会」で地域のおじいさん・おばあさんの元へ持って行き,一緒にふかして食べる予定です。
 大きいおイモが出てこないかなぁ〜
 出ました!
 立派な形と大きさのサツマイモ!
 1年生の顔と同じ大きさぐらいのおイモがたくさん出ました!
 芋づる式”という言葉がありますが,その語源にふさわしいおイモもたくさん穫れました。
 子どもたちの顔も思わず,ニンマリ・・・
 最後は恒例の記念撮影です。
 どれくらい獲れたのかな?
 学校に戻っていよいよ計量です。
 たくさん獲れていればいいな・・・
 袋に詰めたおイモを次々と先生達が測ってメモをしていきます。
 ドキドキの時間です。
 今年の穫れ高は約71キログラムでした。
 昨年には少し及びませんでしたが,これから乾燥・熟成させ,ふれあい交流会で地域のおじいさん・おばあさん達に召し上がっていただきます。
 甘くておいしいおイモでありますように!

TOPページへ    行事のページへ    今日の伊王島小ページへ