交通安全教室

 大型連休を前に島内での交通事故を未然に防止するため,今年も交通安全教室を開催しました。  大浦警察署の交通係のおまわりさん,伊王島駐在所のおまわりさん,そして交通安全推進委員の方の総勢4名の方が指導に来て下さいました。  この日はあいにくの雨で,当初予定していたグラウンドでの指導ができず,体育館に模擬交差点を作り,昨年教えて頂いた横断歩道の渡り方等をおさらいしました。
 続いて,自転車に乗る前の整備についておさらいしました。
 昨年教えて頂いた「ブ・タ・ベル・サ・ハ・ラ」の合い言葉,みんなしっかり覚えていました。
)ブレーキ,()タイヤ,(ベル)ベル,()サドル,()ハンドル・反射板,()ライト のことです。
 続いて,交差点での交通安全指導。物陰や駐車車両は死角になりやすいので,必ず一旦停止して,左右を確かめることの大切さを教えて頂きました。  最後は学校前の横断歩道で,教えて頂いたことを実践練習。
 実際に車の通行がある中で緊張しましたが,1年生もしっかりと渡ることができました。
 横断歩道を戻る時も,確実に右・左・そしてもう一度右を見て渡り始めます。道路の真ん中ほどまで来たら左から来る車を確認しながら渡ります。  そして,6年生が全校児童を代表してお礼のあいさつをしました。
 これから交通量も増えてくるので,教えて頂いたことをしっかり守って,自分の安全は自分で守ることをみんなで誓いました。
 お忙しい中,ありがとうございました。
 大浦警察署のおまわりさんから,全校児童に”交通安全メッセージカード”と”交通安全のファイルケース”を頂きました。このメッセージカードはボランティアの方が作って下さったそうで,交通安全の標語が書かれていました。心のこもった手作りのカードありがとうございます。大切にして,これからも交通安全に気をつけます。

TOPページへ    行事のページへ