校  歌  

作詞 福田 清人      作曲 沖 不可止

 
南(みんなみ)の潮かがやく

国の窓瓊(たま)の浦より
船笛のこだまする丘
ゆたかなる光をあびて
伝統のいしずえ固く
そびえたるわれらが母校

すぎし日の原子の野辺に
たくましく若草もえぬ
梅が丘花は凛(りん)たり
風雪に耐えし香りに
師と友と集うよろこび
み教えは胸にきざめり

ああ若き三年(みとせ)の旅路
大いなる理想にあふれ
大地ふむ足並正し
知恵の園きわめ行ない
明日の世を開くはわれら
いざ名をあげん母校淵校

 

曲を聴く    歌を聴く