校庭に桜の花が咲く3月23日、一年間の締めくくりである修了式と今年度でお別れする先生方との離任式が行われました。
 修了式では、校長先生は次のような話をされました。
 「木は花を咲かせたり、葉を茂らせたり枝を伸ばしたりします。そして見えない土の下で根っこを広くのばします。みんなも今年度、勉強やスポーツ、その他でもたくさん頑張りできるようになりました。一人一人の心の幹も太くなったり、根っこも広く伸びたりすることができました。1学期の始業式で話した『心を見つめる活動』覚えていますか。(たくさんの児童が挙手発表)、そうですね、【寛大】【礼節】【誠実】、1人では難しかったことも、みんなでやればできるようになりましたね。ある日、1年生が廊下ですれ違う際、立ち止まり顔を見て黙って礼をしてくれました。1年生でもできるんだと、とてもうれしかったです。心と体が成長した1年間でした。明日からは春休みですが、すごく心配することがあります。交通事故です。横断歩道を渡る際、十分に車に気をつけてください。自転車事故も心配です。ヘルメットを忘れずにかぶり、危険な場所には近づいてはいけません。校長先生からの春休みの宿題です。4月6日始業式に元気に会いましょう。」と。
 その後、行われた離任式では、今年度でお別れする21名の先生方の紹介と一人一人の別れの言葉がありました。どの学年のお子さんたちも真剣に耳を傾けたり、涙で目を潤ませたりする姿が見られ、感動に包まれた式になりました

 ところで、今年度最後のHP更新となります。学校を少しでも身近に感じていただけていたら幸いです。ありがとうございました。