4年生は福祉学習として「車椅子及びアイマスクの体験活動」を行いました。
 体が思うように動かない不自由さを実際に疑似体験して活動することで、誰もが暮らしやすい社会を深く学習することができました。
 「車椅子及びアイマスクの体験活動」が目的ではなく、その先にある他者への思いやりなど、豊かな心の成長を目指した取組でもありました。
 お互いに声を掛け合いながら、ゆっくり優しく相手を思いやって活動する4年生の様子を御覧ください。